人工知能で あらゆる機械を自動化する

人工知能で

あらゆる機械を自動化する

Our Mission

先端人工知能を活用し、あらゆる機械を自動化します。


近年、人工知能関連技術は目覚ましい勢いで進化しています。ディープラーニングの活用により画像認識は精度が飛躍的に向上し人間の認識精度を上回るようになりました。また、深層強化学習によりさまざまな操作の制御法が自動で学習されるようになりつつあります。これらディープラーニングを活用した先端人工知能技術は汎用性が高く、さまざまな産業領域でその活用が期待されています。機械制御・オートメーションもその例外ではありません。

さて、わが国では製造業は基幹産業と位置付けられておりますが、近年、グローバル競争において苦戦を強いられております。さらに、国内では、人口減少や少子高齢化により働き手の不足が深刻化し、その影響はさまざまな領域で社会課題としてあらわれ始めています。こうした中で、ハードウェアメーカーの競争力を飛躍的に向上させる可能性を持ち、これまでできなかった領域でさえ、機械を自動で制御し、人間のオペレーションを代替し、省人化・無人化を達成する技術のニーズが高まっています。

当社は、ハードウェアメーカーと連携し、人工知能技術の核となる深層学習を活用した機械自動化を目指します。また、機械操作の自動化やそれによるオペレーションの省人化・無人化により、幅広い社会課題の解決を目指しております。

What we do

メーカーと連携し、これまでにない機械制御技術を開発します。


当社は、ハードウェアメーカーと連携し、人工知能を活用したこれまでにない機械制御技術の開発を行なっております。

従来のルールベースによる制御では人手による記述が少なくなく、多様な条件に対する制御を記述しきれないという課題がありました。当社は、画像認識や深層強化学習、深層生成モデル等の人工知能技術を駆使し、複雑な環境情報をそのまま処理し、さまざまな環境下や条件下でも、臨機応変に操作を達成できる制御モデルを自動で学習する技術を開発をしております。また、学術領域で研究報告される先端人工知能技術も積極的に取り込み、産業領域での実機械制御技術の開発に応用します。

共同開発や開発支援に際しては、開発ステップ設計やそのマネジメントからカメラセンサー機器の選定/設置や、要素技術開発、実機検証までハンズオンで行います。

What we do

メーカーと連携し、これまでにない機械制御技術を開発します。


当社は、ハードウェアメーカーと連携し、人工知能を活用したこれまでにない機械制御技術の開発を行なっております。

従来のルールベースによる制御では人手による記述が少なくなく、多様な条件に対する制御を記述しきれないという課題がありました。当社は、画像認識や深層強化学習、深層生成モデル等の人工知能技術を駆使し、複雑な環境情報をそのまま処理し、さまざまな環境下や条件下でも、臨機応変に操作を達成できる制御モデルを自動で学習する技術を開発をしております。また、学術領域で研究報告される先端人工知能技術も積極的に取り込み、産業領域での実機械制御技術の開発に応用します。

共同開発や開発支援に際しては、開発ステップ設計やそのマネジメントからカメラセンサー機器の選定/設置や、要素技術開発、実機検証までハンズオンで行います。

Who we are

当社は、東京大学松尾研究室発AIベンチャーです。


当社は、国内トップレベルの人工知能研究を行う東京大学松尾研究室発のベンチャーです。松尾研究室の中核メンバーにより創業されました。現在、主に、アルゴリズムエンジニア、ハードウェアエンジニアおよびアノテータにより構成されており、人工知能を活用した機械自動化技術の開発を一気通貫して行います。すなわち、GPU計算機を通した実機制御およびデータ取得機構の開発、取得データからの人工知能学習用データの作成、そのデータを用いた画像認識モデルや強化学習アルゴリズムの開発等、人工知能を活用した機械自動化技術の開発におけるそれぞれのステップを一貫して行える体制を取っております。

Deep Learning

ディープラーニングは、現在の人工知能の核となる革新的技術です。
当社では、機械制御技術の開発に、ディープラーニングの中でも、特に、深層強化学習と画像認識を多く活用しております。


深層強化学習

当社は深層強化学習により実機制御を習得させる技術やノウハウを有します。深層強化学習は、機械が自ら動き、その動作結果の良し悪しから、自動で動作を改善し制御法を習得するという学習方法です。ディープラーニングを制御モデルに用いることで、複雑な環境情報をそのまま入力として受け取り、対象機械制御することが可能となります。繰り返し試行錯誤させ、訓練させることで、さまざまな環境や条件に対して臨機応変に対応する制御モデルを学習できます。

画像認識

画像認識

当社は、物体検知、人物検知、姿勢推定、距離推定等の画像認識技術や当該技術を機械制御に活かすノウハウを有します。ディープラーニングを活用することで、画像認識精度は人間のに認識性能を上回るようになりました。これは機械が人間と同程度の認識性能の「眼」を獲得したともいえます。人工知能は、この眼を通し、現実のさまざまな情報を獲得し、それに基づいて機械を制御することで、多様な環境に臨機応変な対応が可能となります。

当社は、物体検知、人物検知、姿勢推定、距離推定等の画像認識技術や当該技術を機械制御に活かすノウハウを有します。ディープラーニングを活用することで、画像認識精度は人間のに認識性能を上回るようになりました。これは機械が人間と同程度の認識性能の「眼」を獲得したともいえます。人工知能は、この眼を通し、現実のさまざまな情報を獲得し、それに基づいて機械を制御することで、多様な環境に臨機応変な対応が可能となります。

高速エッジ計算

ディープラーニングを活用した機械制御には、エッジ側での高速計算環境が不可欠です。当社は、ディープラーニングの高速計算を可能とするGPUの開発・販売で最大手のNVIDIA Corporationのディープラーニングを活用するスタートアップ を支援するプログラム「NVIDIA Inception Program」のパートナー企業です。GPUの最先端情報へのアクセスやNVIDIAからの技術支援を受けることが可能で、エッジ側での高速計算環境を活用しつつ、技術開発を行います。